みどりのおうちのじかん tenobe.exblog.jp

誰にとっても、日々の暮らしは かけがえのない時間。ひとつひとつを大切に物語をつむいでいきたい


by hituzi-to-yagi
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

枠をでる

日曜美術館の「糸から生まれる無限の世界〜ヌイ・プロジェクトの挑戦」を見た。
(興味のあるかたへ 再放送は7月2日にあります)

何年前だったか、なんという名前の本だったか、もう忘れたけれど、針一本で生み出される刺繍の数々を紹介
した本があって、読んだ時に、すごい衝撃と歓喜と呼んでいいものが涌き出てきてずっと忘れられず、たまに思い出していたのだが、画面を見るとまさにそのとき紹介されていた施設だ。鹿児島のしょうぶ学園だ。

今回、映像で、実際に作っているかたたちを拝見してわかったが、そのひとりひとりが刺繍しているときの至福の表情が、またなんとも幸せな気持ちにさせてくれる。
ああ、そうか、ひとが好きなことに打ち込んでいるとき、一緒にいるひとはやっぱり幸せな気持ちになるし、「その幸せな時間そのもの」といってよい作品を受け取ったひとは、やっぱり幸せになるよね、それ以外にないよね、とただただ納得した。

社会には社会の枠組みがあって、自分が暮らしを送るときにも一定の枠組みを作りだしてそれに従って生活しているが、なんと言ったらよいか、この枠を意識せずに生きられた時間が形になると、例えばAさんならAさんの作品になるのだろうか?

Aさんは納期もなければ、決まった作業手順に従っている訳でもない。これだけの利益を得るためにはかけられるものはここまでという計算もない。至福しかない。ひたすらひらすらやって、毎日自分のなかを至福の想いで満たしていって、本当に満ち足りたら、そのときに終わる。完成がやってくる。そういう感じを受けた。
誰かに従って完成のときが来るわけではない。

ある人はタオルの糸を丹念にほどいて、それからのち、表現の材料として使っていたが、その様子がまた静かで、喜びに満ちてていいのだ。
いいな、いいな。すごくいい。
それをできる環境もそれに伴走するひとたちも、なんて素敵なんだろう。

一枚のシャツに、ある人が3年とか、4年とか、ひたすら刺繍をし続けて、シャツの形が元の形とは変わってしまい、縫い付けた糸の重みで裂けてしまった部分もあった。でも・・・強烈に魅かれてしまうなにかがそこにはあって、私は圧倒された。
圧倒されたのは、時間が形になって存在していることに対してなのだと思う。うーん。すごい、至福の時間の凝縮された存在が形になっているのだよ?
それとは別に、文句なく素敵なのだ。色と言い、存在と言い、なにか引力が働いているとしか言いようがない。
これってつまり、もう、「もの」じゃなくて、「いのち」をもってるってことなのかな・・・。
だって、輝いてみえる。

こんなことも思った。
自分は知らず知らずのうちに枠を作ってそのなかに安定しているつもりになっているけど、その枠を守るのに、実は毎日が闘いみたいなものだ。安定とは程遠い。それはなんなんだろう・・・(決めたことに忠実すぎると、反対のベクトルの気持ちのとき、葛藤は大きくなる。融通が利かない性格は厄介だ(^^;))
・・・最近はそんな風に感じることが多くなってきて、それを抑えつけるのに自分でも苦労している。
責任を果たす、自分に役割を課す、そういうことを大切にしてきたし、だからこそ、ひとのなかでいきてこれたとも思っている。

でも、私は私に気持ち良いことをしてあげているだろうか。
私が本当に好きなことをする時間をとってあげているだろうか。
それは他人に対してもそうだ。
一緒に暮らしている家族、遠くの家族、地域でよく関わるひとたち、
そのひとのよいところが自ずとでてきて お互いに満たされ、望む暮らしが送れたらいいな。
ささやかなことでよいから、ひとつひとつ意識して、自分のつくった枠からでる、そのことを感じてみよう。
自分の作った枠は自分で作り直せるし、きっともっとできることがあるんじゃないかな。
もう少しバランスをとってみよう。
そう思ったら楽しくなってきた。











[PR]
# by hituzi-to-yagi | 2017-06-25 11:56 | ひと

糀からの味噌作り



やっと、やっと、自分の手で糀を作って、その糀で味噌を仕込みました(*^^*)わーい🌼わーい🌼

b0253575_18272543.jpg

今回 お味噌用に仕込んだ糀はもふもふのペルシャ猫タイプになったんですよぉ♪
狙い通りもふもふになって、にんまり!!

b0253575_14453734.jpg
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、もふもふ、ふわふわなのが見えますか?✨✨

しかし、ここまで来るのに、時間がかかりすぎました(>_<)
昨年、小倉ヒラクさんの「おうちでこうじつくりのワークショップ」を受けるまでも待ちましたが、受けたあとがまた長くなってしまった!
あれから糀を少量で作っては試し、季節が変わる度に試し、さあ今度は味噌用に多めにやるぞ!となっては、なんだかんだと流れてしまったけれど、とにかくチャンスを狙ってきたかいがありました✨✨

寒仕込みのようなゆっくりと発酵させる時期とは違うのでどうなるかはわかりませんが、とにかく仕込める喜びを優先させました♡💛♥
これが味にどう影響するか、やってみないことにはわかりませんが、なんとか許容範囲に収まってくれて、久々の手作り味噌生活を満喫できるよう祈るのみです☆彡

追伸☆仕込んでから数週間経ちましたが、よい香りが立ち上っています!今のところ順調そうです♪















[PR]
# by hituzi-to-yagi | 2017-05-29 14:52 |

節分に

b0253575_18315174.jpg
御無沙汰しております。
どうも、短い文章がかけない性分で、書くと長くなります。
そのため、パソコンに向かうのも避け気味。
しかし締めをしないことには、新しい年が始まらないので
振り返りだけはやっておこうと思います。

2016年もいろいろなことがありました。
昨年は「初めてのこと」を
いくつもスタートさせた一年でもありました。
一気に始めたので、バランスをとるのに精一杯になってしまい、
身内や仲間に助けてもらいつつ、
なんとかここまで漕ぎついたというとこです。
ドタバタな日々でした。

そのなかでも、
一冊の本を12ヶ月に渡って何度となく読んだことは、
今までの40年以上の読書体験のなかでも、初めてのことでした。
しかも黙読だけでなく、声に出して!!
そしてそれだけではなく、
最初の2ヶ月くらいは夢中で作者や当時の時代背景について調べまくりました。
面白かったので知りたいことがたくさん膨れ上がって、
突き動かされたのでしょうね。
どこまで熱中できるか、どうせなら挑戦してみたかったし。

一冊の本から派生して、
作者が影響を受けた作家の作品を読んだり、
同時代の作家を調べ、読み比べたり、
100年分の主な英文学作品の年表を作ってみたり(一旦中断しているが今後完成させたい)、
そんなことから人間の面白さや
自分というものが
更に興味深くなってきました。

勉強会を立ち上げ、
そこで同じ一冊をメンバーと読むことで、
他の人の思いに触れる機会を得たことも
とても刺激的でした。

学校内では
文庫をスタートさせました。
今も試行錯誤を繰り返しています。
子ども達の一年は大人の一年と成長の度合いが桁違いに違うし、
面白いです。
でも月に数回のなかの更にわずかなかかわりなので、もどかしさもあり、
迷いつつ、悩みつつ、子ども達と成長させてもらっています。

そのなかでも
少しずつではありますが、
自分がやりたいことが
姿を現しつつあります。
いつだってどこでだってそうなのですが
他人と関わることで、自分のなかのものが明確になっていく。
この感覚はとても素敵です。

昨年は現在所属している以外の読み聞かせのグループでも
活動を始めました。
現在のところもやっと慣れてきたところでしたが、
別のグループに所属するのは練習も勉強も増やさないといけないし
新しく人と知り合っていくため、
苦手なことだらけの私は
もちろんスムーズにはいきません。
でも、『違う』なかに飛び込むことは、
とても気持ちの良い経験だったりもします。

人の輪のなかにいるとき、
人と自分の違いを見つけたとき、
エッジが立つというか、
輪郭がはっきりと見える、
ハッキリと
痛い、
ということが、私には気持ちがよいことなのだと、気が付きました。
ただ、時間の遣り繰りが難しくなってきたので、今年はこちらのグループに
関しては、人の足りないときに
お手伝いに行く感じにできたらと思っています。

新しく、本の講座にも通い、1月で一年になりました。
本のなかでも、絵本を中心に進んでいく学びに対して、
毎回、発見や喜びはありますが、
自分のなかの目的である 
絵本を選ぶ目が育っているかどうかについては
まったく確信がありません。
絵本は絵と文のバランスも大切なので、一方がよくても他方が同じところまで
描けていないとどうなんだろう?という話になるし、
絵本を読めば読むほど、
文字だらけの本を読みたくなるのです。
うーーん、絵本はどうやら当初思っていたほど興味はないかも(笑)
自分の頭の中に描かれる映像や想いのほうが、私にはしっくりくるようです。

本を読む時間は前年度よりも作れるようになりました。
これは涙がでるほど嬉しい\(^^)/

他方、素話は好きですが、モチベーションを保つのが難しいです。
日々、練習を積み上げなくてはいけないのですが、
集中して毎日コツコツと続けるには私には少し動機が足りないです。
本来、人前に立つ理由(人前が苦手)がないので、子ども達のきらきらした表情を
見れるのはとても得難い経験でありがたいのですが、停滞気味です。

織物は、ヤノフ村の二重織のワークショップにやっと漕ぎつくことができました。
(一昨年は残念ながら逃したのです(^^;)
もともと絵を描くことが好きでしたが、一度離れてしまうと趣味にも描く機会もないまま
月日は経ち…。
羊毛フェルトに出会ってその自由度の高さに一刻夢中になり、そこから糸を紡いだり、
織ったりとどんどんいきたかったのですが、今一つ方向性を見いだせないまま、
描くことと織物が一緒になるにはどうしたらいいのか、
勘も働かないし、
時間もなく、
動けなくなっていました。

b0253575_18330491.jpg
そして、ヤノフ村の織物は
ハッキリと「好きだ」と思えるものです。
織られているものは農村の暮らしのなかにある生活そのものであり
自然の造形そのものです。
特に絵を描くように織ること、自然の造形が自分の手と織り機を通して形になっていくことに魅かれます。
こういうの、いいなー、織りたいなー♡

醤油づくりは一旦お休みし、
一人でやれることに挑戦しました。
座学で発酵、醸造について学びました。

このときに先生が仰った「自学自習」という言葉は
ぐるっと巡って一年経った今も
こころにクッキリと浮かびます。

自分の疑問やこだわりは、誰のものでもなく、わたしだけのもの。
ならば、自分で追いかけるしかないのです。

更にもうひとつ進んで、かねてから念願の糀作りのワークショップで学び、
お米を蒸して菌をつけるところから糀を作ることができるようになりました♪♪♪

(パウダースノータイプの糀)
b0253575_20591730.png
見えないものを見えるように、
自分のなかの確かな感覚が欲しかった。
作業だけでなく、
楽しみだけでもなく、
この樽のなかの世界を自分で理解したいという
私のなかでは切実な思いでした。

糀から甘酒を作る方法もだいたいはわかったのですが、まだ
「作る⇒食べる⇒また作る」のサイクルがうまくいってません。
今後の課題です。

私はものを理解するのにとても時間がかかります。
納得がいくところまでやらないと自分のなかに落ちた感覚がうまれません。

発酵の世界が私にとってもっと日常になり、
観察と知識が繋がっていくと、もう少し菌が見えるような気持ちになれるのかなーと思います✨✨

















[PR]
# by hituzi-to-yagi | 2017-02-03 21:11 | ひと