みどりのおうちのじかん tenobe.exblog.jp

誰にとっても、日々の暮らしは かけがえのない時間。ひとつひとつを大切に物語をつむいでいきたい


by hituzi-to-yagi
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どーる2

9月。
フェルティングドール教室の最終日。

お昼の休憩と延長も含めて7時間近くの作業だった。
駆け込むように仕上げて、みんなで撮影会をした♪
どの子もそれぞれに可愛くて、様々な表情をみせていた。
思わず 「いいな~」、いいな~」を連発してしまった(笑)

教習時間が終わって最後になってやっと、先生の作品と自分のそれを比べて、
いろいろと独り反省・・・。(余裕がないのは6回目も同じだったわ~(^^;))

先生にも指摘されたが、頭が小さすぎてバランスが悪かったり、
目が顔の大きさに対して位置が上過ぎたり、離れすぎてたり、
上唇も大きすぎて、表情が見えにくかったり、
顔ひとつとっても、あれこれ、粗が目立つ。
それ以外は何をか云わんや、である。

私にとって初の自立式フェルティングドール。『インディアンの女の子』
どうでしょうか?
自宅の鉢植えの下で撮ってみましたが、逆光で分かりにくい
ですね。写真、もっとうまく撮れるように練習しなきゃ(^^;b0253575_13365566.jpg

今日、この教室をでたら、これからは独りで
作っていくことになる。気持ちを切り換えて、
ひとつひとつ丁寧に向き合っていこうと思う。

最終日の教室では先生の新作がたくさん見れた。
やっぱり、素敵で、どれも好き。どきどき、わくわくする。

私がどのようにフェルティングドールとこれ
から関わっていくかはわからないが関わって
いくのは間違いがない。

どきどき、わくわくしながらこれからの道を
歩いていこう。
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2012-09-16 15:33 |

8月の読書

ローマ法王に米を食べさせた男
知られざるヒバクシャ 劣化ウラン弾の実態
鎌仲監督VS福島大学一年生
原発のその先へミツバチ革命が始まる
おいしい農園レストラン
メッセージフロム・チェコアート
羊の博物誌
ダヤン 森の音を聞いてごらん
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2012-09-03 07:28 | 書庫