みどりのおうちのじかん tenobe.exblog.jp

誰にとっても、日々の暮らしは かけがえのない時間。ひとつひとつを大切に物語をつむいでいきたい


by hituzi-to-yagi
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お醤油天地返し三回目

お醤油天地返しの三回目。
果たして樽のなかはどんな世界になっているのか?興味津々で行って来ました♪

まず・・・。
樽の上部は透明な上澄みが広がっており、そのなかを大豆や麦が漂っている感じです。
あと、空気に触れているせいか、樽の上部の大豆は黒ずんでいました。
b0253575_182795.jpg

下は今回、移し変えた後の写真です。
b0253575_18382913.jpg

分かりにくいですが、仕込んだばかりの頃のぷっくりした大豆がひしめきあっている感じとは違い、今は大豆も心なしか小さくなったものが混じってきてて、もしかして大豆のなかの水分がでたのかな?なんて仮説をたててみたり・・・(想像に過ぎませんが ^^;)

そしてもちろん、いつも通り舐めてみましたよ!作業中の楽しみですもん!
上部は前々回よりもずっとまろやかな味わい。塩がたつ感じはもうありません。
下部はまだ粉っぽさがあり、しょっぱい感じ。
まだまだムラがあるということでしょうか。

美味しくなぁれ♪と交代で、メンバーみんなで別の樽に移し変えつつ、かき混ぜました。

そうそう、香りについてですが。
風下に立つと、もう既に醤油の匂いがします。ああ・・・美味しそう・・・。
とにかく何を見ても面白く、不思議に感じることばかりです☆三

ちなみに、手作り醤油になって変化したことがあります。煮物を作る機会が自然と増えました!自然とお野菜もたくさんとることに・・・う・れ・し~い!(*^^*)
昨年作ったお醤油は 今経験している工程は友人任せで、仕込みと搾りを経験しただけでしたが、それでも『自分のお醤油』という意識が生まれたんでしょうね。ついつい使いたくなるのです。美味しいうえに、安心して使えることが嬉しいです。絶対、次も自家製を作りたい、最初から全部経験したい!と思い、今に繋がっています。

さあ♪来週もまた天地返しが待ってます。楽しみ!!
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-21 19:01 | ちいき

こんこん市

今日はお知らせというか、紹介です。
6月30日に秦野市にある白笹稲荷神社で市が立ちます♪
こんこん市と言います。

今回、小さなお子さんのいらっしゃるママさん一人の呼びかけがきっかけで、実現しました☆
最初に旗を振るって、勇気がいりますよね!
一人からでもできることをやりたい!というその気持ちが素敵だなと思い、私も企画にちょっとだけ参加してます。
最初はどんな形になるか雲をつかむような感じでしたが、集まったメンバーで話し合いを続け、一旦諸事情でどうなるか!?という時期を過ごしたりするうちに『やはりやりたい!』という気持ちを再確認して動き出したら、あれよあれよという間に物事が動き出しました。彼女のパワーたるや、すごいものです。
そして面白がったり、巻き込まれたりしつつ参加、協力していただいた皆様に感謝致します。
初めての試みなので、実際のところどうなるか当日までわかりませんが、お天気に恵まれ、お客様との出会いに恵まれますようにと願っております。

こちらがチラシです。

b0253575_21165535.jpg


6月30日(日)10時~16時の開催です。
注意事項としては 荒天の場合 中止となります。延期はありません。
少雨は開催予定ですが、参加店舗が減る可能性もありますのでご承知ください。
いずれにしても無理は禁物ということで双方お願い致しますね(^^)♪

現在聞いている話では、東海大学前駅にあるカフェ「ジンジャー&ピクルスズ」さんや湘南にあるこだわりの燻製工房「湘南いぶし」さん、雑穀や麦を自然栽培されている「ひだまり屋」さん、野菜の「とれとれや31」さん、私も大好きな地元の天然酵母のパン屋さん「うずらとあずき」さんなどなど食関係と、他にも雑貨・クラフト関係のお店が参加予定です。(10店以上の出店+αになりそう)お祭りらしく地元の和太鼓のメンバーが賑やかに市の始まりをお知らせしてくれ、和太鼓を叩くワークショップも行います。お子さん連れのかたにも楽しんでいただきたく他にも紙芝居やアート体験も予定しています♪

もしかしたら神社へは行事のときくらいしか訪れない方が多いかもしれませんね。私は寺町に育ったので、お寺さんは身近ですけど、神社は今でもミステリアスな存在です。でも実はとっても面白い・・・かも?今回は神社の秘密を巡る散歩ツアーも企画しています♪♪♪

余談ですが、こんこん市のネーミングは私の案が採用されました(*^^*)
「こんこん」というのは、お稲荷さんにひっかけて、というのもありますが、滾々と水が湧く様やおいでおいで~という呼びかけの意味もあるね!なんて、あとからメンバーと意味づけして盛り上がったり(笑)こんこん、尽きることなく、多くのかたにお越しいただけたらと思います。


ここからは主旨となります。

私達は毎日、食事をします。
スーパーに行くと簡単に食べられるものが溢れています。
何で作られているか、何処で作っているか、誰が作っているか。
見えないものが沢山あり、何を選んでいいか分からない状態です。

こんこん市では、
「未来に残したい、つなげたい」
をキーワードに、
不安のない、美味しいもの、
食だけではなく人の手が作り出すものを
沢山の人とシェアをしていきたい。

人と人と。
受け継がれてきたもの、
繋がって行きたいもの。
食だけでなく、未来に残したい、つなげたい
ものや文化をシェアをしていきたいと考えています。


<こんこん市の主旨に賛同下さる出店者の方を募集しています。>

今回、白笹稲荷神社さんにご協力を頂き、朝市スタイルで開催する運びとなりました。
かつて、神社はお祭りや市、地域の人々の交流場所でした。
ただ、売り買いする場ではなく、出店者、賛同者の皆様と創意工夫をこらし作り上げていく場にしていきたいと思っています。


今はまだちいさなはじまりに過ぎませんが、こんこん市では地域のかたと直接繋がってしたいことがたくさんあります。
例えば神社の近くで田んぼを借りて稲を作り、年末には注連縄をなうとか、地域のかたと野菜を作って販売するとか、大豆を育ててお豆腐やおあげを作るのもいいですね!こういったかつてからあった食と営みの結びつきを経験していくことや、お客さんのなかから出店する人がでるようお手伝いしたり、市内各地で違う内容で市をたてるなどなど・・・夢は膨らみます。
ひとりではできなくてもみんなとなら最初の一歩を踏み出せることってありますよね。それがきっかけとなって、本当にやりたいことを次は自分ひとりから始める。それが次の人を呼ぶ。仲間を増やす。そんな循環があちこちでできたらいいなという思いがあります。
みなさんもいろんな夢を盛り込んで遊びに来てみてください。一緒にわくわくしましょう☆
どうぞよろしく~(*^^*)
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-18 20:59 | お知らせ(地域)

初めての味噌作り

個人的に今年はいろいろとお初が多い年でございまして。
ちょっと前になってしまいましたが、4月の上旬頃、初めて自分でお味噌を仕込みました。
手前味噌には以前から興味があり調べてはいたのですが、どうも見たこと経験したことのないことは果てしなくハードルが高く、どうしたものかと悩んでいるうちに軽くン年経ち・・・自分でもいい加減じりじりしてきたので、「誰でも初めてがあるさ!」と目をつぶってやってみることにしました。

b0253575_1959939.jpg


台所のごちゃごちゃした雰囲気が丸々伝わってしまう恥ずかしい写真ですね~(^^;ちゃんと片付けてから作業しなさい←私よ!
茹でた大豆を袋に入れてのし棒で叩いて潰し、大豆塩団子を作ったため、このあと台所が大変悲惨な状態になり、写真どころではなくなったため、この一枚しかないのでした。

材料は・・・

・北海道の丸大豆
・富山のいつも購入しているお味噌屋さんの生麹
・奥能登の手作りのお塩

最近、嗜好が変わりつつあり、本当は麦味噌も作りたかったのですが、なにしろすべてがお初でございますから、両方失敗したら立ち直れないので、今年は米味噌だけにしました。
ご近所では黒豆でお味噌をつくるかたもいらして、防災訓練のときにご馳走になってその美味しさに味噌への興味が更にわき・・・。来年は3種類作って、2~3年、寝かしてみようかな?なんて思っています。

その前に果たして成功するかが問題ですね。どきどき・・・(*^^*)
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-14 08:45 |
お醤油の天地返しをしてきました。
二日振りのもろみは、水を吸ってかぷっくりとして、ますます可愛さを増してきました(*^^*)
まず一舐め。
仕込みのときよりも塩が立つように感じます。(溶けてきたからかな?)

天地返しの作業としては、ボールで4~5杯すくって別の樽に移し、まだ溶けきっていないお塩を溶かすべく、丁寧にかき混ぜ、またすくう繰り返しです。

b0253575_8462691.jpg


作業としては至って単純ですが、直接触ることで、ひとつひとつの違いを感じていきたいなぁーと思っています。

次の作業は一週間後。楽しみです♪

というところまで書いているうちに、その一週間後がやってきました!?

今回は用事で時間に遅れてしまったため、ほとんどはメンバーの皆さんにお任せのうえ、慌てていたためカメラも忘れ、写真はありません。慌てぶりがわかりますね(^^;

メンバーの話によると、たまり醤油のように濃い液体が樽上部に溜まっていたそうです。上部と下部では舐めると味も違うとのこと。まだ濃度が一定していないということでしょうかねー?
作業としては、前回と同じ。ボールで4~5杯すくって別の樽に移し、お塩を溶かすべく丁寧にかき混ぜまたすくう繰り返しです。
私は遅れて行ったものの、なんとか一番最後の樽に残った分を移して混ぜる作業をすることができました♪お塩のざらざら感はほとんど感じませんでした。天地返し後は、一部上部が濃かったという色味も均一に戻っていました。

さあ、また来週も天地返しです!
一週間って、あっという間ですね。来週の作業は始めから終わりまで自分の目で観察したいと思います♪♪♪
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-12 08:21 | ちいき

5月の読書(2013年)

☆読書

旅する遺伝子
こうのとり追って
ホビットの冒険 上下 (数回目)

☆読み聞かせ(見学)

あかずきん
ねむり姫
じてんしゃにのるひとまねこざる
おさるのジョージすいぞくかんへいく
まめたろう
世界でいちばんきれいな声
ねことねずみ
スヌークスさん一家
シェヘラザード 船乗りシンドバードの冒険から「ダイヤモンドの谷」
アラクネ
かちかち山
金の髪
しずくの首飾り 等・・・

☆ひめりんごのきの会

今日はよいてんき
ペレの新しいふく
だいくとおにろく

☆読み聞かせ自主練

くんちゃんとにじ
だいくとおにろく
ベンジャミンバニーのおはなし
なら梨とり


Memo

時々、読み聞かせの会では『読み比べ』というのをする。
絵本にはいろいろあって、どれを選んだらよいか迷う人もあるかと思うが、この読み比べをすると、その迷いがスッキリすることが多いのでお薦め♪
今回は「じてんしゃにのるひとまねこざる」と「おさるのジョージすいぞくかんへいく」の2冊を読み比べた。
絵の伸びやかさ、主人公から受ける印象、内容等など・・・一見、主人公が同じで作者も同じで中身もそんなには変わらないんじゃない?と思うが、これが読み比べてみると違いがわかるんです。(今回の2冊は絵は似ているが実は作者は違う)
自分で読むより、人に読んでもらうのを見るほうが客観的にわかるかと。
とにかくやってみたらいいよとしか言えない。すごく面白いです♪

ホビットの冒険は、小学生の頃図書館の司書の人に薦められて読んで以来、何かの度に読み直したくなる本で、毎回発見があるというか、楽しい。

私は小学校の高学年のときの担任に乱読を勧められて、本の読み方が変わったのだが、一方で同じ本を何度も何度も繰り返し読むのも好きで、本というか、言葉というのは本当に味わい深いものだと感じている。
読み手と書き手の経験と世界が重なり合って生まれる世界があると思うのだ。
そして、それは何度振り返っても「そこにある世界」としてこころに刻まれる場合もあるし、読むたびに違いや成長を感じる、違う世界への扉となる場合もあるのではないか。
そんなことを思う。
本に限ったことではないけれど。
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-10 08:39 | 書庫

お醤油事始

今年度は地域の仲間 8家族が協力して、お醤油を作ります。
そこで、まずは全員参加で事前勉強会を行ないました。が、わたくし、一度DVDを観たくらいでは正直よくわからなかったです。あっという間に当日になっちゃったなぁ・・・と内心思いながら、仕込みの日を迎えました。とにかくやるべし!

b0253575_754221.jpg

上記の写真は麦と大豆と麹をほぐしているところです。これらの材料は一括してあるところに頼んだのですが、届いたばかりのときはまだ温かくて触るとほかほかしていたそうです。朝 材料が届いて私達は午後からの作業だったのですが、このときには ほんのりぬくもりがあるかな、くらいになっていました。これを更に広げて、冷ますことが大切なのだそうです。

b0253575_754401.jpg

その後、お塩を混ぜて「塩きり」の作業をします。よぉく揉みこんで満遍なくお塩を行き渡らせます。大豆に傷をつけるくらいしっかり揉みこむとよいのだそう。みんなの手で美味しくなあれ♪それにしても軽トラの荷台って便利ですねー!? 荷物を載せるだけではないんですね!さすが農家さんの知恵は素晴らしいです。

b0253575_7573267.jpg


最後は地元の湧き水とあわせました。なんでも、この辺りでもかなり深いところから湧いているお水だそうです。
さて、これで今日の作業は終了です!2~3日後に天地返しをします。
味見したところ、まろやかな塩味でした。樽の下の方は溶けきっていないお塩がざらざらしています。こんなに大量のお塩(12㎏入っています)に触れたのは初めての体験です。ざらざら感が半端ない~!

樽は風通しのよい屋外に置いて寝かせます。(樽にはダイレクトにほこりが入らないように風通しのよい網をかけました。こういうときによさそうな農業資材に不織布を思い浮かべるかたもいらっしゃるかもしれませんが、不織布は適さないそうです。意外と風通しが悪いんですって)
ぷくぷく浮いている豆たちを見ているとどういうわけか可愛くみえてきて、離れがたくなりますね・・・(*^^*)
また来るからねーー♪
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-03 20:31 | ちいき

5月のはたけ

覚書

上旬はいきなり天候不良から始まり、ゴールデンウィークの出鼻を挫かれた。
晴れたら晴れたで、草の勢いが旺盛なため、作業以前にまずは草むしりに追われる。
そうして少しずつ季節にからだが慣れていくのかと思えば、まあ有難い作業である。
(と言ってみる)

何回目かの雨のあと、にょきにょき背が高くなったライ麦の穂から花がでた。お米の
花とよく似ている。初めて見たので、ちょっと感動☆

いただきものの綿の種を蒔いた。
一晩水に浸けると聞いたのだが、一晩くらいでは水分を吸った感じがまったくしなか
ったため試しにもう一晩、もう一晩とするうちに三日も浸けてしまった。
お願いだから芽がでて、と祈る思いで種を蒔いたら、どれもうまいこと芽がでたので
よしとする。

オカヒジキは一晩水に浸けたものは発芽したが、畑に直播したものは発芽せず仕舞い
だった。来年からは必ず水に浸けることにしよう。
トレー蒔きした分の発芽率もあまり芳しくなかった。
改善策としてもう少し丁寧に均一に蒔いて様子を見よう。

5月は4月に比べていま一つお天気が安定しなかった。
下旬はまるで梅雨のようなちょっと寒々として、雨が降らないまでもどんよりとした
すっきりしない空が続いた。
中旬だったか一週間ほどお天気が続いたときは「雨よ、降れ!」と祈る気持ちになった。
普段は厳しくほったらかし農法をしているのだが、このときはさすがに水遣をした。

サニーレタスが育ってきたので、別スペースに移植。
移植した分は、なぜか葉の赤いのが目立つ。(水が足りていない?)
水を遣って様子見。

コリアンダーは小さな白い花をつけ始めた。種を採取するのが楽しみである。

茄子とミニトマトの苗を購入して定植。肥料に油粕と米糠(富山産)を混ぜたものを
使用して様子見。

ジャガイモはニジュウホシテントウの幼虫・成虫にやられて葉がボロボロ・・・。
見つけたら獲っているのだが、追いつかない。
こんなにボロボロで大きく成長するかなぁ~(^^;
そんなこんなで5月は過ぎていく。


b0253575_19145424.jpg

[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-06-02 09:07 | つち