みどりのおうちのじかん tenobe.exblog.jp

誰にとっても、日々の暮らしは かけがえのない時間。ひとつひとつを大切に物語をつむいでいきたい


by hituzi-to-yagi
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

9月の読書(2013年)

☆読書

くんちゃんのだいりょこう
スーホの白い馬
ちいさいしょうぼうじどうしゃ
小さなカフェはじめました
90歳ヒアリングのすすめ
風に吹かれて

☆読み聞かせ(見学・セミナーも含む)

はじめてのおつかい
くんちゃんのはじめてのがっこう
はらぺこあおむし
Waiting for Wings
ぐりとぐら
2ひきのわるいねずみのおはなし
ちいさいしょうぼうじどうしゃ
しょうぼうじどうしゃ じぷた
あくたれラルフ
100万回生きたねこ
しずかでにぎやかなほん
カングル・ワングルのぼうし
金子みすゞの詩の本
ひとまねこざると きいろいぼうし
おさるのジョージ チョコレート工場にいく
みみずくとねこのミミー
     (以上、読み比べセミナーより)

ちいさなうさこちゃん
うさぎ
黒ねこミケシュのぼうけん
海のおばけオーリー
がちょうのペチューニア
へびのクリクター
とおいところへいきたいな
サリーのこけももつみ
もりのこびとたち
ねむりひめ
もりのなか  等々…

Memo

「90歳ヒアリングのすすめ」はとっても面白い試み♪
以前、「ひょっくりいも 民俗学へのすすめ」という本で、地域のお年寄りに生活の様々なことを聞き取りした内容と民俗調査に関わった調査員の思いが書かれた文章を読んで、民俗調査の仕事に憧れたことがあります。暮らしというのは社会の変化に伴って多少 姿、形を変えていくものですが、普遍の部分があって、その部分を垣間見たときに、「ひとの暮らし」や「思い」が浮かび上がってくるように思います。そういうのがたまらなく好きです。

90歳って、『近代』をすべて経験されているんですよね。
当然ひとりひとりの立場、経験は違う訳ですが、それでも丹念にお話を聞いていったときに、今の人でも納得できるなにかがでてくると思うんです。
それだけ、幾つもの時代を生きて、目撃して、経験して、考えたことは、私たちにとっても宝物なんじゃないかな、とも思います。近所で90歳以上のかたを探したときに、どれだけのかたがいらっしゃるのか、見当がつきませんが、やってみたいな~と思ったり♪♪♪

本を読んでから日が経ってしまったのですが、改めてネット上で探してみると、90歳ヒアリング事務局というHPができたようです。
Facebookも素敵なので、興味のあるかたは一度訪れてみてください。と関係者でない私が言うのも
なんですが(^^;

なぜ90歳ヒアリングなのかについても書かれているページがあります。
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2014-03-13 16:31 | 書庫