みどりのおうちのじかん tenobe.exblog.jp

誰にとっても、日々の暮らしは かけがえのない時間。ひとつひとつを大切に物語をつむいでいきたい


by hituzi-to-yagi
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

桜摘み

b0253575_09435663.jpg


春になると毎年我が家の窓から見られる景色です。
八重桜の木に登って花を摘む人の姿が見えますか?
ひとつひとつ、丁寧に自らの手で桜の花を摘んでおられます。

この日も雨と雨のあいだを縫うようにして、朝6時前から花を摘んでおられました。
この八重桜の木の高さはだいたい2階建ての屋根と同じくらいです。

想像、つきますでしょうか?

この時期は市内のあちらこちらで
こうした景色が見られます。

秦野に来てから初めて知ったのですが、
この八重桜を塩漬けにしたものを
「桜湯」としてお祝いの席などで頂きます。
香りがとってもいいんですよ。

ひとの手と時間を経て
いつでも春の幸せを味わえるようにした昔の人の心遣い…
思いを馳せて、真似て、学んでいきたいものです☆彡











[PR]
by hituzi-to-yagi | 2015-04-21 10:20 | ちいき

あらためまして

b0253575_11000298.jpg

ブログのタイトルを改めまして、
本日より「みどりのおうちのじかん」として
今までと同様、日常を綴っていきたいと思います。

春分を迎え、桜も咲き、そこかしこに春の芽吹きを見つけるうちに、
止まっていた時間を進めてもよいかな、
という気持ちになってきました。

時は移り変わってきます。
ひとの世も移っていきます。
そんななかで変わっていくもの・変わらないものを
さいごのときまで見続けたいと願っています。

みどりのおうちのちいさなものがたり
として、わたくしもたのしむつもりです
どうぞよろしく♪











[PR]
by hituzi-to-yagi | 2015-04-02 11:12 | はじめまして

はじまりは、大豆と醤油麹と炒った小麦から
b0253575_17461887.jpg
そして丁寧に確実に、お塩を揉み込んであげます
b0253575_17462124.jpg
大きな樽へ移し替え
b0253575_17462893.jpg
湧水を加えてあげると、たっぷたぷになりました
b0253575_17463084.jpg
これ、このとおり♪
今回は34ℓの水を入れました
b0253575_17463619.jpg
これから一年、どんなに美味しいお醤油に育つか、今から考えて笑いが止まらないの図(!?)
b0253575_13185921.jpg
みんなで天地返しをし、陽の当たり具合など環境に気をつけ、観察ノートもつけてきました
b0253575_17463262.jpg
そして一年後の今年3月に迎えたお醤油搾り日
まずは、「もろみ」の出来具合をみんなで味わいます
b0253575_17341220.jpg
美味しい!!文句なしの美味しさ!
-------------------------------------------------------------------------------
さあ、ここからは本来は手早く作業せねばなりません
お湯でもろみを溶いていきます
お湯の量は搾り師さんの経験と勘が頼りです
搾り師のIさんがおられないと成り立ちません
でも、まだまだひよこのわたしたちですが、
昨年よりは任せていただけることも増えたんですよ♪
b0253575_12474440.jpg
これでヨシ!!となると
袋に入れて、搾り機(ふね)にかけます
b0253575_12532922.jpg
すると!!
何枚も袋を重ねるうちに自らの重みで、お醤油が流れ出してきます
この滴が、陽のひかりを浴びて、本当に美しいのです
b0253575_12563259.jpg
最後は慎重にジャッキをかけ、エキスを搾り切ります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年の私たちのもろみは、大豆の型崩れもなく、ふんわりと柔らかい状態で、
小麦もしっかり炒られて弾けており、
すべてが一体となって
やさしい雰囲気にできあがっていました
それがそのまま、
搾ったお醤油にも出たと思います
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後は火入れ作業です
大きな釜で温度を見ながらゆっくり上げていき、ある温度からは一気に過熱
そして釜から灰を掻き出し、火を止めます
この写真は加熱の途中ででてきた灰汁
とても細かい灰汁で、口当たりもソフトでした♪
見学者のご厚意で用意してくださった、うるいやルッコラに
とっても合いました♪
搾りたての特権ですね!
b0253575_13021987.jpg
お昼の休憩風景です
みんなの笑顔が勢ぞろい♪
Iさんのご指導がなくては、お醤油搾りは迎えられませんでした
笑顔のとても素敵なかたなのです
お体を大切に、また次回も宜しくお願い致します
そして、この場を大切に思い、裏方に徹してこられたMさん、ありがとう♡
そして仲間の一人一人に感謝です
b0253575_13062232.jpg
そろそろ、月も出てまいりました
b0253575_13114088.jpg
  楽しい時間、愛しい営みのひとつが今年も無事に終わりました
どうぞみなさま、おやすみなさいませ☽
b0253575_13120832.jpg













[PR]
by hituzi-to-yagi | 2015-04-01 14:18 | ちいき