ことのは壱ー1

いままでの ことや
こころの なかのことを
ことばに してみると
かたちが あたえられて
すがたを あらわすものが
ある

そとから みると

いかにも それが
ゆいいつの しんじつのように
おもえるけれど
それは
ひとつの そくめんを
あらわしたに すぎない

そう おもって
その ことばたちを ながめる
そのままを かんじる

(たいらかに の文章を書いてみての感想)
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2012-07-24 13:56 | ことのは壱