お茶と鹿と星と

お茶と
鹿と
星と

って なに?という感じですが。

静岡で
鹿の鳴き声を聞きながら
夜な夜な星を観た

ってことですね♪たいした説明ではなくてすみません(*^^*)

10月のある日、おつきあいのある天文同好会の方々と一緒に、静岡の山のそのまた奥の奥にあるペンションで星の合宿をしました☆=

私にとっては、初めてのメンバーと初めての場所へ行く旅だったので、わくわくしっぱなし♪
すっかり楽な気持ちでおやつ片手に車に同乗させていただき、現地まで連れていっていただきました。

途中、行けども行けども車がほとんどなく、山道のくねくねした細い道が続いて、どんどん上がって、奥へ奥へと車を進めていると、どこかへ行き着く感じがまったくしません。
人家もまばらでお店もほとんどないところでどうやって暮らしておられるのか、普段それなりの田舎で暮らしているとは言え、たくさんのものに囲まれて生活している私には、驚くばかりでした。
日本にはまだまだ交通の不便な山の奥に住む方々がおられて、そこには点在するお茶畑があって、そのたくさんのお茶畑を手間をかけて守る人たちの営みがあって、その方々が静岡のお茶を支えているんだなと感じました。今まで本当に知りませんでした。

やっと辿りついたペンションは、いかにも山男風のオーナーとニコニコ可愛らしい奥様が出迎えてくださり、ほっとしました♪素敵な雰囲気の建物でしょ、テンション上がります!
   
b0253575_8265085.jpg
そして早速、望遠鏡の数々をセッティングする面々・・・(^~^)セッティングのあとは、星談義に機材談義♪にぎやかです☆

b0253575_8272160.jpgこの日は秋のウロコ雲が次々とやってきて、すっきりした星空はほんのひとときだったのですが、その時間はかなりたくさんの星をみることができました。天の川もくっきりで、バックの空もそこそこ暗く、よかったです。

星のなかでも球状星団が好きなんですが、今回見ることができて、たくさんの星の瞬きにうっとりでした。やっぱり好きだなー♪

(メモ:二重星:アルビレオ、アルマク、WWスター、ミザール、二重星団:hχ、タコ星団・・・ってhχの一部のことなのかな?亜鈴状星雲:M27、M76、まばたき星雲、ドーナッツ星雲M57、網状星雲、球状星団M13、M15 、超新星残骸カニ星雲、散開星団:スバル、ET星団、惑星:木星と大赤班、天王星・・・綺麗な水色だった♪銀河 M31、M33など)

そして、初めて、鹿の鳴き声を聞きました。b0253575_9233164.jpg今まで梟の泣き声は聞いたことはあったのですが、鹿は初めてで、最初わからなくて、なんだろう?と不安に思っていたら、鹿と言われ・・・。声というか、すごく神秘的な音・・・と感じました。(因みに、地元では鹿は身近ないきもので、畑や家まででてきます)

次の日の朝はペンションのすぐ側にある樹まで鳥がやってきて、さえずりがとても楽しかったです。周辺の林の小道を散歩したら、10分で元の場所に戻って、あまりの短さに面食らったけど(笑)

お約束通り、翌朝は快晴!
自然相手はなかなか思うようにいきませんね!それもまた愉し♪
b0253575_9235897.jpg
今回、とても楽しくって、改めて星を観るのはいいなーーとしみじみ思いました。これからしばらくじっくり星を観る時間を増やそうと思います。空と山と動物たち、そして星仲間に感謝。
またいつかくるねーー♪
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2012-10-19 12:39 | そら