星空観測会

少し前の週末ですが、自宅で星空観測会を開きました♪
夫はたまに近隣の市の科学館で星の観測会のお手伝いをしているのですが(←私は気紛れにお手伝いするのみのよいとこどりですみません ^w^)、科学館は機材や設備が整っている一方で、一定の時間にお客様が集中していらっしゃるため、じっくり星を体験していただくのは難しいと感じています。

そこでもし、家で観測会をするなら小規模ならではの、自分達ならではの観測会をやってみたい!ということで今回人数を絞って、お試しで開催してみたのですが・・・。
どこで開こうと ままならないのはお天気。自然相手の場合、仕方ありませんね。梅雨明けの晴天を狙ったつもりだったのですが、当日はひとつの隙間もない曇り空。がっくりです(^^;

なので、星は見えませんが、ミニミニ写真展と星のおはなし会でよければ、ということで、友人のなかから三家族にお越しいただきました♪(星が見えないのに、申し訳なかったです~)
b0253575_18405910.jpg

上の写真は、夫が自分で撮影した彗星の写真の説明をしているところです。今回は急だったので、手持ちの写真で開催しましたが、今後は星仲間の協力も得て、テーマ毎に充実させたいと思っています。でもまずは、できる範囲で!ですね。何事も自分でやってみて、考え考え いきたいと思っています。

ところで彗星を実際に夜空を見上げて見たことがあるかたはどれくらいいらっしゃるでしょう?意外と少ないかもしれませんね。そういう私も今までに3つくらいかな??案外少ないです。それは肉眼で観察できる彗星が稀(ある程度経験がないと探しにくい、明るい彗星ばかりではない、観測には双眼鏡や望遠鏡が必要な場合がほとんど、そうそう頻繁に遭遇できないなどなど)、ということに加えて、観察できる時間帯も限られていることが多いため、ニュースで知ってもなかなか都合がつかないということもあります。

彗星は氷と塵でできており、「汚れた雪だるま」のようなものという表現をよくされます。(彗星の核自体は数km~数十kmある)
核の外側にコアと呼ばれるものがあり、それは薄い大気のようなもの(太陽から遠いところでは核は凍り付いているが、太陽に近づくにつれて熱で段々溶けて核の周りを薄い大気のようなものとなって覆う)に覆われるのですね。これが私達の目には輝いて見えるわけです。
尾も最初からあるわけではなく、太陽に近づくにつれて、紫外線の影響を受け、イオンが発生、太陽風を受け、尾となります。この尾にも塵の尾とイオンの尾があって、色も形も異なるそうです。
このとき散った塵が宇宙で散らばり 地球の公転軌道と交わったときに、流星となって見ることができるのです☆

彗星がやってきたであろう場所も、流星となって地球に降るまでの長く大きな時間も、はるかに私達人間を超えて果てしない時間なんですよねー。宇宙よ、君はなんてでっかいんだ!

今年は年末近くにアイソン彗星がやってきます。一緒に面白がってくれる人が増えるといいな~♪♪♪
[PR]
by hituzi-to-yagi | 2013-08-05 10:50 | そら